• 2020年11月02日(月)

    文化祭が開催されました

     10月30日(金),第49回文化祭が開催されました。今年度はコロナウイルス感染症の影響で,食物バザーの中止やリモートによる観覧,そして保護者含め一般のお客様のご入場をお断りしての開催となりましたが,生徒会を中心に生徒たちが趣向を凝らし素晴らしい文化祭となりました。

    IMG_2120

    IMG_2301

    IMG_2517

    IMG_2356

    IMG_2697

    IMG_2798

    IMG_2978

    IMG_2563

    IMG_2578

    IMG_2584

    IMG_2597

    IMG_2616

    IMG_2633

    IMG_3194

    IMG_3105

    IMG_3121

    IMG_3215

    IMG_3149

    IMG_3208

     3年生にとっては,最後の文化祭となりました。普通科3年生の書道パフォーマンス,最高に格好良かったです。また,機械電気科3年生の劇やバンドにおいても練習の成果が十分に出ていたと思います。残りわずかとなった高校生活ですが,これまでと変わらず下級生の見本となるような行動を見せてほしいと思います。

     

     

     

     

     

     

  • 2020年10月30日(金)

    第49回文化祭校長あいさつ

    第49回 鹿児島県立頴娃高等学校文化祭 校長あいさつ  

                       令和2年10月30日(金)

    皆さん,おはようございます。

    第49回 鹿児島県立頴娃高等学校 文化祭「あつまれ頴娃高校の森~三密避けよう~」の開催に当たり,一言あいさつをいたします。

     

    準備に当たってこられた,文化祭実行員会を始めとする生徒の皆さん。クラスや部活動個々のグループ,授業の成果発表と運営に向けて,それぞれ分担し目標に向けて作り上げていく貴重な体験を重ねてきました。指導や助言に当たっていただいた先生方にも感謝申し上げます。

     

    相当の時間をかけ計画し準備する間には,問題・トラブルもあったかもしれませんが,自分たちで考え,決め,それに伴う責任をも経験する,よい機会になったと思います。大変ではあっても,祭りを準備し「待つ」時ほど面白いことはありませんね。

     

    また,ステージや展示,それぞれの場面で,「自分の,自分たちの,外に向けて表現すること」で,初めて見いだせることがあります。上手くいってもいかなくても。

    表現することは,自分を捉えるとともに,他の人の存在を受けとめることになります。このような活動に参加する機会は,皆さんにとって,とても意味があります。

     

    スポーツもそうですが,文化活動などに参加する機会を奪われた子どもは,「溶け込めない」という不安を抱くようになる,と言われています。

    表現すること,スポーツをすること,それらを習ったりすることなどを難しく受け止め,「自分は音楽や演劇,芸術,スポーツには値しない人間だ」と感じるようになる,というのです。

    好奇心や芸術性,遊びの精神を培う機会を失うことがあってはなりません。

     

    今年は,新型コロナウイルス感染症対応のため,体育大会同様,規模を縮小,来場者も制限し,平日の開催となりました。それでもこのように,無事開催に至ったことを喜びましょう。

    また,昨年度までであれば御来場いただいていた,御来賓,警備やその他いつも様々な御協力をいただいている保護者や同窓会の方々,その他地域の皆様の御理解と御支援に,この場を借りて御礼を申し上げます。

     

    また今回は,感染症対応の中で,どのような取組ができるのか,という言わば「試し」の場でもありました。目を周囲へ,日本各地や,世界に向ければ,思うようにならない厳しい現実が多々あります。それでも,今できることにどれだけ誠実に,真剣に,そして楽しんで向きあえるか。

     

    文化活動は,深い精神活動に基づくものです。共感し,分かちあう中で,他の人へも影響を与え,伝えられていきます。

    素直に驚き,感じる。その感性を大切にして,思いを込めて文化祭を創り,楽しみましょう。

    「あつまれ頴娃高校の森~三密避けよう~」

     

    以上をもちまして,開会の挨拶といたします。

     

  • 2020年10月22日(木)

    「足踏み式手指消毒器」を製作しました

     本校機械電気科職員の門前先生が,生徒と考案・製作した「足踏み式手指消毒器」を本校正面玄関に設置しました。本校へ来校される方々が手軽に消毒を行えるとともに,容器に触らずに済むことでさらなる感染リスクを軽減することにもつながります。

    IMG_2027

    IMG_2024

    IMG_2025

    IMG_2029

     

  • 2020年10月22日(木)

    秋季地区大会について

     先日,秋季地区大会が行われました。新チームをスタートさせ,この大会が初めての対外試合になった部もあったようですが,全力を出し切り頑張ってくれました。その中で男子バスケットボール部が準優勝,女子バスケットボール部が加世田高校との連合チームとして同じく準優勝の結果を残してくれました。

    IMG_2033

                男子バスケットボール部

    IMG_2035

                 女子バスケットボール部

    IMG_2038

                    バスケットボール部の皆さん,おめでとうございました。

     これから県新人戦や選手権等の大会が開催されます。それに向け仲間と切磋琢磨し,試合に出場できる喜びや,自分たちを支えてくださっている方々に感謝の気持ちを忘れず大会に臨んで行きましょう。

  • 2020年10月19日(月)

    令和2年10月19日全校朝礼に代えて 「読書週間によせて」

    読書週間によせて               校長 林 匡

    おはようございます。

    10月16日からは,いよいよ3年生の民間企業就職試験も始まりました。たとえ厳しい状況でも負けないで,是非目標を実現されるよう,今までの取組の成果を挙げられることを願っております。また,進路先が既に決まった人も,それぞれの時間を更に生かしていくように,考え行動しましょう。

     この秋,新型コロナウイルス感染症対応を図りながらも,資格・検定試験や各部活動の地区大会,県大会が続いています。学校では文化祭という大きな行事もありますが,これも感染予防とともに,できうる方策を検討しながら,生徒会を中心に皆さんが取り組んでいることを,頼もしく思います。

    何をするのか自ら考える習慣を持ち,よりよい方向を見いだし,行動に移しましょう。

     

     さて,今日から本校では,11月6日までを校内読書週間に設定していますね。読書週間について少し触れておきます。

     読書週間は,アジア太平洋戦争後間もない,1947年に「読書の力によって,平和な文化国家を作ろう」という決意のもと,出版社・取次会社・書店,公共図書館,新聞・放送のマスコミ機関が連携して第1回が開催されました。翌年の第2回から,期間が10月27日~11月9日の,文化の日を中心とした2週間に定められ,全国にこの運動が広がっていった歴史があります。

     

     「ラストページまで駆け抜けて」が今年の読書週間の標語です。また本校では,特別活動で「本のポップを作ろう」にも取り組むことになっています。文化祭で展示されますので,今から楽しみにしています。

     

     本を読みましょう。

     先人の切り拓いてきた,広い視野,深い洞察と豊かな感性とその表現にふれてください。閲覧や検索の履歴から,自分の関心のある,好きなもの,好ましいものばかりを提示されることに慣らされないように。短い単語の掛け合いだけではなく,文章の中から本質を見いだすように。

     

     自分の知らない世界に入っていくことも,この秋に,是非試みてください。気楽に読めるものばかりではなく,少し背伸びをしたものにもトライして,「何だろう」「どうなっているのかな」「なるほど」といった,疑問と思考を深める機会をもってください。

     

     私たちの脳は,生きていくために絶対に必要な器官ですね。これ無しでは,心臓の働きや呼吸をはじめ,生命活動を支える機能が停止してしまいますから。

     ただ,脳の働きはそれだけにとどまりません。記憶し,感動し,思考し,時に決心し,行動する。言葉を話し,抽象的なことを考える。経験を通して生きる意味を考える。これらも,脳あってのことです。

     

     脳内では,複雑で巨大な神経細胞のネットワークが張り巡らされています。

     この脳の働きをよくする方法には,適度な運動や睡眠,食事などがありますが,これらとともに,皆さんに特に勧めたいのが読書です。(なんだ,そこか,と思った人もいるでしょう。)

     10代後半の皆さんの時代こそ,特に神経細胞が発達して,秩序だった神経回路がつくられて,認知,運動,感情などの高度な情報処理を実現する,情報の伝達がより効率的になるのです。今だからこそ,です。

     

     映像や音声といった,瞬時に感覚として受け入れられるものとは違い,読書では文字から言葉を読み取り,自分の脳を使って解釈し,理解しなければなりません。分からないことがあれば,読み返し,辞書を引くこともあります。自分の生き方,その他,形のないもの,在り方なども考えることにもなるでしょう。

     こうした活動や,理解に至るまでの行動,思考,想像などが,脳内の神経細胞を発達させ,更に精密さを増す中で,知的な力量を高めます。

     

     ともあれ,まず皆さんには手に本をとって,昼休みや放課後,ちょっとした時間を利用して,読書の喜びを味わい,生きる世界を,より広く深く捉えてほしいと願います。

     

  • 2020年09月29日(火)

    いじめ問題を考える統一LHR

     本日1限目,いじめ問題を考える統一LHRにおいて,鹿児島地方法務局知覧支局の人権擁護員委員の方に御講話いただきました。

    「その言葉,本当に大丈夫?~人権意識が響き合う学校~」というテーマで2・3年生は体育館,1年生はリモートにより教室での受講となりました。

    IMG_2020

        鹿児島地方法務局 知覧支局人権擁護委員 松 窪 ま ゆ み 様

    講話では,ネットいじめについてや言葉の持つ力など,様々な事例をもとに話をしてくださいました。特に印象に残った内容は,

        「自分を大事にする=他人を大事にする」

        「言葉の使い方を考える=自分の生き方を考える」

    というフレーズが心に響きました。

     これらを実践していくことで,よりよい人間関係を構築し人権意識を育んでほしいと思います。

    IMG_1995

    鹿児島地方法務局知覧支局人権擁護委員(左から松窪様 新原様 浮辺様)

    IMG_2013

    IMG_2011

     

     

  • 2020年09月28日(月)

    令和2年9月28日全校朝礼に代えて 「日々の選択と生き方」

     

    日々の選択と生き方          校長 林  匡

     

    おはようございます。

     さて,私は今日,家を出るまでに,朝食をどうしようかと考え,時間が惜しいから簡単に済ませようと考えて済ませました。また,どの柄のネクタイにしようか,ストライプはシャツにかぶっていないかなどと考え,選びました。これらは日常の何でもない営みの一つです。

     以前,NHK教育番組に,ピース又吉さんが出演する「今日の選択」がありました。着ていく服,歩くコース,行き先,読む本の内容,食べるもの,などなどを選んでいく番組です。

     

    皆さんも毎日,選んでいますね。

     選択する際に,決定する基準は,それぞれの価値観で異なります。

     あれにしようか,これにしようかなど,楽しい選択だけならばいいですが,悩みながら選択せざるを得ないこともあります。

     それでも,皆さんが何らかの選択をしたとき,そこには必ず「得たい結果,未来」がある。それを,是非わくわくするものにする,と考えていきましょう。

     問題,困難,課題。それも,その先にある,自分の未来への扉です。

     

     3年生で,民間企業への就職を選んだ人は,10月16日からの就職試験を迎えます。

     面接や作文,適性検査等に取り組んできた就職希望の皆さんが,全力をつくして希望を叶えられることを念じています。

     その他の3年生の皆さんも,大事な時期を過ごしていますね。また,2年生・1年生の皆さんも,今の自分をみつめながら,自分の生活リズムをどうするか,また,進学や就職,必要な資格取得などへの取組,選択を迫られているはずです。

     どのような状況でも,選択を迫られても,「豊かに生きていくために,何をしたいか」「何のため,誰のためにそれをするのか」という,生き方の基準を持てば,納得し,決意して進んでいけます。

     

     本校の『進路の手引き』表紙裏に記されている言葉。

     「思考に気をつけなさい,それはいつか言葉になるから。

      言葉に気をつけなさい,それはいつか行動になるから。

      行動に気をつけなさい,それはいつか習慣になるから。

      習慣に気をつけなさい,それはいつか性格になるから。

      性格に気をつけなさい,それはいつか運命になるから。」というのがありますね。

     学習や部活動,家庭・学校での過ごし方の中で,「良い習慣が良い心,良い考え方を育む」ことを,心がけましょう。

     今,大きな目標が仮になくても,今の自分から成長したい,豊かにしていきたい,という思いを大事にしましょう。小さな取組を始めてみる。大きな結果になる,ならないを考えてから,やる気を待ってからではなく,ルーティンとしてやっていく。

    勿論,目標がある人は,そこを目指していけばいい。

     

    余談ですが,大リーグで活躍している菊池遊星・大谷翔平選手の母校である花巻東高校野球部では,一番苦しい坂道ダッシュでも,それを面白がることができるように工夫しているそうです。チームの雰囲気を作る生徒が,「このダッシュは8回裏3-1で負けている場面で,それでも「よっしゃいくぞー」と言う場面のダッシュだ!」などと言って取り組むそうです。

    この習慣が,苦しいときでも楽しめる心を作る。逆境でも,楽しむ言葉を使い,わくわくしながらやる。その全てが,チームの空気(雰囲気)を作っていくというのです。(ひすいこうたろう・大嶋啓介著『前祝いの法則』(フォレスト出版株式会社,2018年初版)という本に紹介されています) 

     

     「有明や 浅間の霧が膳をはふ」(一茶)。春の霞に対して,秋は霧です。

     気象観測の方では,1Km以上の遠くがぼんやりして見えない場合を霧,それ以上見える場合は靄(もや)と言います。

     進路決定に対する不安は当然大きなものでしょう。

     思い悩んで気のふさぐことを「心の霧」と言いますが,自分のやりたいことを考え,一歩一歩,実現に向かってください。小さなこと,日常の選択をしながら。その結果,悩みが解決した気持ち,「拭うように晴れ」ますように。

     

     ※ 本稿は,9月28日予定の全校朝礼が中止になりましたので,当日の講話に代えて掲載します。

  • 2020年09月04日(金)

    体育大会が行われました

    本日第73回体育大会が行われました。

    今年の体育大会はコロナウイルス感染症の影響により,プログラムを短縮し平日開催となりました。心配された天候にも恵まれ,全競技なんとか無事に終えることができました。

    IMG_1975

          20kgの重りをひたすら持ち続ける「開拓精神」

    IMG_1960

                黄組(3年生)の応援パネル

    IMG_1961

                赤組(2年生)の応援パネル

    IMG_1962

                青組(1年生)の応援パネル

    IMG_1954

              最後の最後まで必死に走ります。

    結果は以下のとおりになりました。

     総合の部  優勝 黄組(3年生) 応援の部  優勝 黄組(3年生)

    3年生の完全優勝となりました。しかし点差は僅差であり,1・2年生も最後の最後まで大会を盛り上げてくれました。次の大きな行事は文化祭です。生徒全員で体育大会同様,素晴らしい行事にしましょう。

     

     

  • 2020年09月01日(火)

    2学期が始まりました

     本日より2学期が始まり1学期終業式と同様,校内放送により始業式・表彰式が行われました。

    IMG_1875

     林 校長先生が「学ぼうとすることが大切。有意義な二学期にしましょう」と式辞を述べられました。

     2学期は多くの行事が計画されていますが,今年度は異なった形式で実施されることが多くなる予定です。そのような変化にも対応し,校是にもあります文字通り「開拓精神」で有意義な学校生活にしていきましょう。

     表彰を受けた生徒は以下のとおりです。

    日本漢字能力検定

      2級  普通科3年 有馬 花さん

      準2級 普通科3年 池元美佐さん  普通科1年 栫山歩美さん

      3級  普通科2年 岡元 凜さん

    特許権取得

      タンパーエビデントバンド付き合成樹脂キャップ  

           機械電気科2年 片平裕樹さん

    おめでとうございます。

    生徒皆さん,2学期も勉学に資格取得,部活動に精を出し実りある学期にしましょう。

     

  • 2020年08月20日(木)

    一日体験入学および体験入部について

     8月4日,中学3年生を対象にした一日体験入学が行われました。普通科18名,機械電気科25名の合計43名の中学生が参加し,各学科毎に分かれて本校の授業や実習を体験しました。

    DSC_0284

              普通科(国語)の授業体験の様子

    DSC_0286

               普通科(理科)の授業体験の様子

    CIMG7417

           機械電気科(機械コース)の実習体験の様子

    CIMG7427

            機械電気科(電気コース)の実習体験の様子

     大変暑い中での一日体験入学となりましたが,中学生の皆さんは一生懸命に授業や実習に取り組んでいました。そして,各学科毎の体験を終えた後,希望者を対象に部活動体験も行われました。

    CIMG7447

             体験入部(バスケットボール部)の様子

    CIMG7449

             体験入部(バドミントン部)の様子

     また,8月20日には,部活体験のみの日程が計画され,15名の生徒が約2時間にわたり本校生徒と一緒に汗を流しました。

    IMG_7403

    IMG_7411

    IMG_7441

     中学生の皆さん,少しでも本校について,または学校や部活動の雰囲気を感じていただけたでしょうか。これからいよいよ本格的に進路を決定する大事な時期となります。今回の体験入学および体験入部が,少しでも皆さんの進路選択の参考になれば幸いです。二日間にわたって参加していただき本当にありがとうございました。